ドラッグキューキューBLOG

ヒイラギ 柊の花

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

裏庭で、小さな白い花を見つけました。
葉に隠れるような感じでかたまってひっそりと咲いています。

花の一つ一つは小さいですがかたまって咲くので見栄えがし、
樹が大きくなるにつれてたくさん咲くようになり、芳香も楽しめます。

ヒイラギ

いろいろ調べてみると・・

この『柊の花』は冬の季語だそうです。

花の後は黒い実をつけます。
クリスマスの飾りriisu.gifに使う赤い実を見かけますが、
あれは、セイヨウヒイラギという別種だそうです、

葉に黄色やクリーム色、ピンクの斑が入る、観賞価値の高い園芸用の品種
葉に白の斑が入る品種など、いろいろあるそうです。

柊は、葉がトゲトゲの樹木ですので・・。
昔から魔除けになると信じられ、
日本では正月飾りや節分に鰯の頭と一緒に飾られます。

柊(ヒイラギ)の花言葉は?
「用心深さ」「先見の明」「保護」
甘く香る花をつける一方で、トゲのある葉っぱを持っていることから、
「用心深さ」という花言葉があるそうです。
「保護」は、魔除けになるトゲにちなみます。

ヒイラギの葉は歳をとるとトゲがなく、丸くなっていくそうです。私達も歳をとると丸くなる…?

落葉樹や紅葉に目を奪われがちな季節ですが、
ひっそり可憐に咲く小花達・・観賞の時です。

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

最後まで、お読みいただき有難うございます。